歯の診断を受けている女性

治療の期間

歯の診察2

最近の医療機器などのめざましい発展により、これまで難しいとされてきた治療も患者さんにとっての負担をできる限り抑えて、無理なく治療を施せすようになってきました。
歯医者さんの分野においてもそれは同じことです。
例えば歯が虫歯によって侵され、やむを得ず、歯を抜歯しなければいけない状況になっても、これまでの治療ですと、当然新しい歯、いわゆる入れ歯であれブリッジであれ、こうしたの義歯にでの治療では、歯が自分に合っていないとか、治療の際にブリッジのように他の両方の歯を削って埋め込むといったことは一切なく、これまであった自分の歯のように、自然に違和感もなく、食べ物を噛む喜びを味わえ、その埋め込んだ歯も、メンテナンス次第では半永久的に使用できる非常にいい治療と言えます。

このインプラントという治療について、次にこのことについてもう少し詳しく見ていきましょう。
まず、こうした新たな画期的な治療も、初めはヨーロッパが始まりでした。
歯が抜けた場所へ頑丈な人口の歯根を埋め込んで、そこに新たな義歯を被せていくという治療方式です。
これまでは、一部の歯科医だけができるような治療でしたが、最近はほとんどすべての歯科医院でこの治療を施すことができるようになったので、患者はこれまでより身近にこの治療を行える機会が増えました。
またその発展も、ここ最近においても特に目覚ましく、例えば、より早期に治療を施せるようになったとか、より耐久性と安全性のある人口歯根が開発されているだとか、こうした医療技術の進歩がより患者さんの負担をできる限り減らすための努力が日々なされています。