歯の診断を受けている女性

インプラントの流れ

歯の診察1

最近歯科医院には、インプラントを行っている所も多いです。
インプラントと名前は聞いたことがあるけど、実際に何をするのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
インプラントとは、歯が抜けた所に、フィクスチャーと呼ばれるネジを打ち込み、人工の歯をつけるという手法です。インプラントという言葉自体は、人工歯根を指します。
ブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、見た目も他の歯と比べてもわからないくらい精巧です。普通の歯と同じように、物を噛み砕くことができ、違和感が少ないというメリットがあります。

インプラントを行う前に、治療計画を立てる必要があります。
施術前にどの程度の歯が失われており、今の歯がどのような状態なのか確認していきます。
各クリニックでは、最初にレントゲンやスキャンを使用し、1人1人の骨格や口腔環境を確認していきます。
治療方針や、金額、通院期間等を一緒にすりあわせし、患者が同意を行ったら治療が始まります。
骨の強度によってもインプラントの可否が決まりますので、必要な人はこの段階で造骨手術を行う場合もあります。

インプラントの治療は、通常2回に分けて行われます。1次手術では歯茎を切開し、顎の骨を削りインプラントを埋め込んでいきます。
局所麻酔が使われるので痛みはほとんどありません。痛みが不安な方は、病院によっては無痛鎮静法等様々な麻酔が用意されています。
手術は大体1~3時間程度で、日常生活をすぐに送れます。
インプラントが定着したところで、埋め込んだインプラントの頭を出すのが2次手術です。
インプラントの頭を出し、アバットメントと呼ばれる連結装着手術を行い、歯茎が治った時点でインプラントの上にかぶせる人工歯を作り装着します。人工歯をかぶせるのは、2次手術から約1~6週間後となっています。

歯の診察2

歯の診察3

インプラント後のレントゲン

治療の期間

歯の診察2

インプラントは歯茎の回復や骨肉と人工歯根の結合を待つことがあるので、トータルで3カ月から10カ月ほどかかります。また、仕事が忙しくて長期間通えない場合等には、抜歯とインプラントを同時に行う施術も行われています。

定期的なメンテナンス

歯の診察3

インプラントを行った場合、定期的にメンテナンスを行うことで、よりいい状態を保つ事ができます。メンテナンスを行うことで、自分で歯をいつまでも保っているような感覚で食事を楽しむことができます。

インプラント定着率

インプラント後のレントゲン

インプラントは治療後の在存確率が20年後も約90%と非常に高い数字です。現在もインプラントの改良が進んでおり、最先端の技術が開発されています。インプラントを行う場合は、医者とよく相談することが大切です。